内面研削盤

内面研削盤

内径研削は、ワークと砥石を同時に回転させ、歯車の中心となる「穴の内面を研削する」加工です。また「穴の軸心と端面の直角度を出す」端面研削を同時に行うことで、高精度な研削を可能にします。ホーニング加工が前加工の位置精度に依存するのに対し、内径研削は位置精度が十分でない場合でも修正することができます。一つの砥石でさまざまな穴径に対応できるのも大きな特徴のひとつで、ホーニング加工よりも汎用性がある加工法と言えます。

能力:加工径6~400
メーカー:岡本工作機械製作所 IGM-15NCⅢ 他
台数:19 導入日:2016.10