東京テクニカル社製噛み合い試験機「TF-40NC」
東京テクニカル社製噛み合い試験機「TF-40NC」

噛み合い試験機

噛合い試験機は、製品ギヤと噛合う相手ギヤの諸元に合わせて製作したマスターギヤで噛合い精度を測定します。
固定基準軸に据え付けたマスターギヤを回転させると、つられて反対側の浮動測定軸の製品ギヤが噛合って回転します。
回転中にマスターギヤと製品ギヤの歯形形状がズレていると、浮動軸が動くことで位置センサーが動かされ、センサーの移動幅をPCへ入力し、波形として表示します。
この波型のズレが小さければ小さいほど噛合いがよくスムーズな動きをする高精度な歯車だといえます。
測定項目としては、1ピッチ噛合い誤差、全噛合い誤差、歯溝の振れ等ですが、歯面のキズも検知することができます。
測定値もミクロン単位であり、埃など微細な異物も直接影響してくる為、マスターギヤや測定ギヤはしっかりと異物除去を行う事が重要です。
弊社では大阪精密機械社製、東京テクニカル社製、弊社オリジナル等の噛合い試験機を所有しています。

PDFファイル:『噛み合い試験データ』