歯面研削・創成歯面研削

歯面研削(歯研)において創成研削方式と成形研削方式の2つの工法があります。
創成研削方式の方がポピュラーで、弊社も創成研削方式の設備を多数保有しています。
創成研削はネジ状の砥石を使用します。
メリットとして、歯車精度(歯形、歯筋精度)の安定、累積ピッチ誤差が少ない、加工時間も短く生産性が非常に高いことです。
成形研削は歯部と同じ砥石を成形し、歯車の歯を1枚づつ研磨する方法です。
メリットとして歯車の歯形、歯筋を自由に形状にすることが出来ます。
しかしながら,加工時間が長い為に生産性が創成研削に比べて悪くなります。