材料

素材

製品の用途・要求に応じて、様々な材質の材料を短納期で調達することが可能です。
歯車に使用する一般的な材料は、機械構造用炭素鋼や機械構造用合金鋼になります。

永田鉄工での主な取扱い材料の材質は、
SCM415・SCM420・SCM435 低炭素合金鋼
SCr420 低炭素合金鋼
S43C・S45C 中炭素鋼
上記以外でもステンレス鋼や黄銅なども加工しています。

素材の調達になりますが、永田鉄工では素材購入から歯車加工までの一貫生産が可能です。
もちろん、お客様から素材を支給して頂いての歯車加工も可能です。
そのため、ご発注を頂ければ、あとは弊社に素材調達から任せていただいき、お客様のご指示のように納入させていただきます。

永田鉄工では、材料は丸棒材と鍛造材での調達が可能です。
鋼材商社・鍛造メーカー複数の協力会社がありますので、形状や生産ロット、納期などを踏まえて打合せさせていただき、お客様の要望(品質・コスト・納期)に添えるよう提案させて頂きます。

 

調達

まず調達になりますが、永田鉄工では素材購入から歯車加工までの一貫生産が可能です。もちろん、お客様から素材を支給して頂いての歯車加工も可能です。

そのため、ご発注を頂ければ、あとは弊社に素材調達から任せていただいき、お客様のご指示のように納入させていただきます。

永田鉄工では、材料は丸棒材と鍛造材での調達が可能です。

鋼材商社・鍛造メーカー複数の協力会社がありますので、形状や生産ロット、納期などを踏まえて打合せさせていただき、お客様の要望(品質・コスト・納期)に添えるよう提案させて頂きます。

 

前処理

鋼材に用いられる熱処理は、硬さ・強さ・軟らかさなどの性質を与える目的で行い、加熱・冷却のいろいろな組み合わせがあります。

(1)焼なまし(焼鈍)

鋼材を適当な温度に加熱し、しばらくその温度に保持したのち除冷した操作のこと。

鋼材を適当な温度に加熱し、しばらくその温度に保持したのち除冷した操作のことです。
その目的は、内部応力の除去、硬さの低下、切削性の向上、結晶組織の調整あるいは所要の機械的、物質的性質を得ることなどです。
その目的や方法によっていくつかに分類されますが、代表的なもの4つがあります。

・完全焼きなまし

・応力除去焼きなまし

・球状化焼きなまし

・拡散焼きなまし

(2)焼ならし(焼準)

鋼材を所定の高温まで加熱したのち、一般的に空冷で、冷却を行う操作のことです。
その目的は、前加工の影響を除去し、金属組織の結晶を均一微細化して機械的性質の改善や切削性の向上することなどです。

(3)焼入れ焼き戻し(調質処理)

構造用鋼で、いったん焼入れを行い、その後500℃~700℃で焼もどしを行う操作のことです。
単純な焼ならしに比べて強さ、じん性ともにすぐれた性質が得られます。

 

弊社で機械構造用合金鋼を使用している製品に関しては、前処理として焼準を行っており、特にお客様より浸炭焼入れ焼き戻し後の結晶粒の大きさの指定がある場合は、焼準後の冷却に関しても製品ごとに設定し、浸炭焼入れ後の組織の安定化を図っております。